水, 25 11月 2015 00:19

Cozyさんのアウラニレポート 第1回

投稿者:
Cozyさんのアウラニレポート 第1回 ©Cozy

全体を5つの項目に区切ってレポートして下さって大変に分かりやすいレポート!必見です。

久しぶりのPOSTはこのクラブのメンバーでDVCメンバーでもあるCozyさんのレポートをご紹介します。
レポートは分かりやすく5つの項目で構成されています。

1. 客層
2.日本語対応
3.施設
4.アクテビティ
5. その他

これから3回に分けて記事を掲載させていただきます。

第1回目の今回は1. 客層 2.日本語対応 3.施設 編です。


初めまして@Cozyです。

今年夏に1週間滞在してきました。
昨年は訪れることができず、2年ぶり4度目になりましたが、前回(一昨年)との比較も含め、幾つか気付いた点を報告させて頂きます。
長文ですが、ヒマな時にでも読んで頂き、旅の参考にでもして頂ければ幸いです。

 

1. 客層

ざっと見て、日本人客は全体の1割程度。
そのうちDVCメンバー率は1割くらいで、残りはツアー客のようでした。
それ以外にアジア圏からは、やはり今のご時世を反映してか、中国語が結構多く飛び交っていました。
あとは大概米国本土からの旅行客が多いようで、こちらはおそらく3割程度がDVCメンバーのようでした。
※メンバーとそれ以外はリストバンドで判断。
因みにリストバンドは2週間以上ダブらない程種類があるそうです。

 

2.日本語対応

ネームタグに“日本語”と書かれたスタッフの方も、オープン当初から比べるとだいぶ増えましたが、実際にはまだカタコト程度の方が多いように感じました。それでも一所懸命に日本語を話そうとしてくれる姿勢は、とても好感が持てました。
逆に何でもかんでも無理矢理日本語で通そうとするツアー客も一部に見られ、こういうのは同じ日本人としても、ちょっとナンダカナ〜 ┐(´Д` )┌ と感じました。

 

3.施設

・部屋
今回、初めてWaianae Tower(ビーチに向かって右側の棟)側に滞在しましたが、部屋から夕陽を眺めたいのであれば、Ewa Tower側(左側の棟)への滞在がオススメです。
運用や空き状況により必ず聞き入れてくれるワケではないと思いますが、ネット予約やチェックインの際にリクエストはできます。
(早朝、Waianae 側から見る朝陽も魅力的でしたが。。。)

 

・タオルとリストバンド提供のブース Lawele Korner
一昨年より1ヶ所増え、計2ヶ所となり、それなりに混雑緩和に貢献できているように思えました。
メインのLawele Kornerが混んでいる際、もう一方へ行ってみると意外と空いているなんていう場合もありました。

 

Wharl Pool(ジャグジープール)
一昨年は誰でも入れた、ビーチを臨む2段式のWharl Poolは、終日18歳以上専用になっていました。
ルールを守らず(解らず?)平気で子供を入れている日本人家族を数組見かけましたが、いずれも周囲から冷ややかな視線を浴びていました。
代わりに西側側ビーチ近くの角の方に新設されたプールKa Maka Grottoと併設で誰でも入れるWharl Poolがありますが、最も子供がいる中央のWaikolohe Poolプールやビーチからのアクセスゲートからちょっと距離があったので、そちら側を18歳以上専用にして欲しいな〜と思いました。

 

Welcome Message
Welcome Message
Stand in the room
Stand in the room


いかがでしたでしょうか!
とっても分かりやすいレポートでしたね。
使用している写真もすべてCozyさんの撮影ですよ〜

それでは第2回、第3回もお楽しみに(^.^)/~~~

 

No.01 No.02 No.03

読む 4460 回読まれました
コメントするにはログインしてください